コンテンツ

環境にも優しいHIDランプ

HIDランプは車のヘッドランプとして使われていますが、その機能性の高さから車だけでなく様々な場所で使われています。
道路照明・工場照明・スポーツ照明・商業施設照明などです。HIDランプは今や私たちの生活の中に溢れていることが分かります。HIDランプが普及したのは機能性だけでなく、とてもECOであることが関係しています。

HIDランプの誕生

HIDランプは照明の一つですが、初期の照明は1887年のエジソンの白熱電球から始まります。しかし、その当時の照明の光の強さは十分なものではありませんでした。

その為、1901年に発光効率が良くなった水銀ランプが開発されます。その後、様々な技術改良が行われ、セラミックメタルハライドランプが開発され「光質の向上」が実現しました。そして、2000年以降に照明は飛躍的な進歩を遂げ、省エネルギー・長寿命の高輝度放電ランプ(High Intensity DischargeLamp)が誕生しました。

環境保全に役立つ

HIDランプを取り入れることで、環境保全に貢献することができます。HIDランプの持つECOな働きはどのようなものがあるのでしょうか。

二酸化炭素(CO2)削減に貢献

二酸化炭素(CO2)は地球温暖化などの原因になっています。しかし、HIDランプを使用することでエネルギーの消費率が低いので、通常のランプよりも約30トンのCO2が削減できると言われています。

水銀の使用量削減

発光効率がいいことで水銀ランプは一般的に使用されていますが、水銀に含まれる成分には毒性を持つものがあるので、環境汚染につながると世界的にも問題視されています。また食物連鎖の関係で最終的には人体にも影響を及ぼすことにもなります。
しかし、HIDランプは水銀の使用量を最大約73%も削減しているので環境保全に対応しています。

リバテックはHIDの専門店で、交換・修理応急処置など幅広い対応を行っております。修理は経験豊富なスタッフが行いますので、安心して任せることができます。HIDバルブの料金や修理などの工賃格安となっていますので、価格を気にせずにご購入・ご依頼いただけます。

このページの先頭へ
Liberte 電話予約・ご相談ダイアルはこちら!TEL045-263-8001
成功するホームページ制作はこちら
<#計測タグ> <#計測タグここまで>