コンテンツ

ヘッドライト劣化の原因

ヘッドライトの光量によって見やすさは大分変わってきます。しかし、黄ばみ・曇り・ヒビ割れなどのトラブルが起こるとヘッドライトの光量が減り、見えにくくなってしまいます。

黄ばみ

一昔前の車のヘッドライトはガラス製でしたが、現在の車のほとんどが樹脂製のものに変わっています。樹脂性はガラス製に比べると、紫外線や傷などの影響を受けやすくなります。その為、長く紫外線に当たり続けてしまうと黄ばみの原因となってしまいます。

特に樹脂製のヘッドライトは、外側は磨けても、内側は磨けないので黄ばみが酷い場合には交換が必要になってしまいます。こまめに洗車をし、ヘッドライトにワックスやコーティングを長時間放置しないことが、黄ばみを防ぐことにつながります。

曇り

ヘッドライトの曇りは光量が半減してしまい、見え方が変わってしまいます。ヘッドライトの曇りの原因は、表面の汚れ・ハードコートの劣化が考えられます。ハードコートに使用されている石油系やアルカリ系の化学物質の残留が、ハードーコートを侵食してしまい曇りを起こしている可能性があります。屋内駐車場、屋根つき駐車場に車を停めることで、紫外線など外的要因の影響を受けないので劣化は少なくなります。

ヒビ割れ

黄ばみや曇りなどをそのまま放置してしまうと、ヒビ割れの原因を作ってしまうことになります。ヘッドライトを点けた時に、レンズ表面がきらきらと光っている場合には「表面割れ」を起こしている可能性があります。表面割れを引き起こしてしまった場合、ひび割れの隙間から汚れがどんどん入りヘッドランプの劣化を進めてしまうことになります。ヒビ割れを見つけた時は、早めに新しいヘッドランプに交換することをおすすめいたします。

ヘッドライトが劣化してしまい新しいものへ交換したいという方は、HIDに交換しませんか?リバテックはHIDの専門店で、キャンペーン期間内であれば取り付け工賃が無料となっています。格安料金でヘッドランプを交換したい方にはおすすめです。

その他にHIDの修理応急処置なども低価格で行っています。修理は全て熟練のスタッフが行うので、安心して任せることができます。修理費用については、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭へ
Liberte 電話予約・ご相談ダイアルはこちら!TEL045-263-8001
成功するホームページ制作はこちら
<#計測タグ> <#計測タグここまで>